イギリスの経済成長を支えたほどの有名なブックメーカー

日本語完全対応のウィリアムヒルとは?

 

ウィリアムヒルは様々な事柄を対象にギャンブルを行ったりするブックメーカーと呼ばれる業者です。カジノはもちろん、野球やサッカーなどの各種スポーツや競馬などの競技、ほかにもどんな事柄をもギャンブルにしてしまう、日本にはない形態の会社です。
ウィリアムヒルの設立は1934年とずいぶんと古い会社でもあります。全体で15000人以上の従業員を抱え、およそ2370店舗ものスポーツブックメーカーの店舗を展開する大手企業です。ロンドン証券取引所に上場しており、イギリスでは信頼も厚いようですね。ギャンブルは人間の欲望を満たすひとつの方法ですから莫大な金額が動くことになり、ウィリアムヒルがイギリスの経済成長を影から支えていたとも言われています。
ウィリアムヒルは現在でも多数の方法でギャンブルやゲームの機会を顧客に提供しています。店舗やオンライン、モバイル、電話などです。昨今ではオンラインによるギャンブルはカジノゲームだけでなく、海外競馬までもできるようになり、イギリスにいなくても(その国の法律が許容している範囲内であれば)いつでも、どこからでも参加することが可能になっています。

 

 

ブックメーカーとはそもそもなに?

 

ブックメーカー、もしくはウィリアムヒルはスポーツブックメーカーとも呼ばれますが、これは簡単に言えばスポーツ賭博のことです。顧客が好きなスポーツを自由に選び、好きなチームに自由に賭けて楽しめるものです。
ウィリアムヒルは野球、サッカーなど様々なスポーツを取り扱っています。主に欧州リーグがメインになりますが、実は日本のJリーグやプロ野球も扱っていて、よく知ったチームに賭けることができます。
当然、競馬も海外ではスポーツの一種と捉えられていますから、ウィリアムヒルでも競馬にベットすることが可能です。しかも、日本からはなかなか参加が叶わない海外の国際G1なども賭けられるので、これまで中継で観ているだけだった海外競馬がとても身近なものになってきました。
日本ではあまり馴染みのないスポーツブックですが、ウィリアムヒルでは日本にいながらにして海外で開催される国際G1レースなどを楽しめるようになるのです。これは競馬好きの方には大きな魅力になるでしょう。